【4/28 (日)ミニ路地裏マルシェ&トーク】荒川区の人と味が空き地に集合!

こんにちは、生まれも育ちも荒川区の戸田(@530e)です。以前タバタイムさんには、大家のお仕事についてインタビューしていただきました。 実は最近、新たな取り組みとして「想像建築」プロジェクトというものを始めました。そのプレオープンイベントとして「ミニ路地裏マルシェ&トーク」を開催します! 今回はそのお知らせをさせていただきます。

「ミニ路地裏マルシェ&トーク」とは?

荒川区の人と味があつまる ミニ路地裏マルシェ&トーク
町屋の小さな空き地に、荒川区の人気カフェが集合!
荒川区民による「荒川区の魅力について語るトークイベント」も開催します。
ご興味のある方、ぜひ遊びに来てください!

マルシェ出店者

荒川区の人気カフェが集合。 町を愛するオーナーも参加!おいしい料理とあたたかい場づくりをされている、近隣にとって欠かせない素敵なお店たちです!

natural cafe こひきや
カドコーヒー
BLACKHOLE COFFEE ROASTER

トークイベント(14時スタート)

20〜40代の荒川区民によるトークイベント。町の人、お店、場などの魅力を語り尽くします!

[登壇者]
戸田 江美 / 東尾久のデザイナー大家 「想像建築プロジェクトをやるワケ」
◆今場 雅規 / 荒川区民のトークイベント発起人 「ヨソモノが思い立って荒川区に転居してトークイベントを企画したら生活が変わった話」
◆伊藤 賢司 / 空き地・空き家活用する行政職員 「荒川区の空き地空き家問題から考える町づくり活動」
◆安谷屋 貴子 / デザイナー大家物件の住人 「スペック以外の条件で決めた荒川区暮らし」

チケット

トーク(3店舗のフード&ドリンク付き):1,500円
チケットのお申し込みはこちらのページからお願いいたします。
※マルシェの入場は無料です。お気軽にぶらっと遊びにいらしてください!

想像建築プロジェクトとは?

ここからは、そもそもなんで空き地でイベントを始めようと思ったのかを少しお話しさせてもらいますね。

「想像建築」
空き地から始める、町に根付く住まいづくり

町の魅力を作るのは人。生まれ育った荒川区に「住む人が町や家に愛着を持って暮らせる住宅」を建てたいと思ってこのプロジェクトを始めました。

まだ物件は建っていません。

いきなり物件を建てるのではなく、一年間、広場としてイベントなどに暫定利用します。

荒川区の人やお店と出会えるイベントを通して、 住人候補さんを集め、 叶えたい暮らしが叶う物件を一緒に想像し、建てたいと思っています。

住人候補さんだけでなく、近隣の方、荒川区に興味を持ってくれる方との交流の場にもなるよう運営することで、人と町に愛される場所(建物)をつくります。

路地裏にある空き地の大きさは15坪(畳30枚くらい)。今まで運営メンバーやご近所さんなどと一緒に、人工芝を貼ったり机をDIYしたりと、イベントに向けて下準備をしてきました。

なんせ初めての試みの、初めてのイベント。右往左往していますが、ご近所の方からは「がんばってね」と声をかけていただいたり、ご好意で空き地の脇にお花を植えていただいたり…荒川区のあったかさを実感しています。

荒川区やお隣の北区に住んでる皆さんにはぜひ見守っていただきたいですし、ご興味を持ってくださった方とは一緒にプロジェクトを進めていきたいです。 ゴールデンウィーク初日は、下町の空き地に集合!お待ちしております!!

「ミニ路地裏マルシェ&トーク」イベント詳細

 
イベント名:ミニ路地裏マルシェ&トーク 荒川区の人と味が空き地に集合!
ホームページ:https://souzou-kenchiku.com/
開催日程:2019年4月28日(日) 13:00~17:00
開催場所:東京都荒川区町屋4-35-4
最寄り駅:舎人ライナー・都電荒川線「熊野前」駅 徒歩10分 地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅 徒歩15分 尾久の原公園近く。ミニストップの裏にある、路地裏の15坪の空き地です。

チケットやタイムスケジュールなどについてはサイトをご覧ください。

 

スポンサーリンク