朝ドラ「まんぷく」好き、集まれ~!タバタバーで初のイベント開催します!

こんにちは。さくさく(@pirorin39)さんと一緒にタバタバーを運営している、あさこ(@asaco0713)です。

タバタバーを始めて約3か月半。二人でひっそりとオープンしたタバタバーですが、おかげさまで少しずつお客様に認知していただけるようになってきました。

そんなタバタバーで今回初めて、この場を使ったイベントを行うことになりました!普段はなかなかきっかけがなく、遊びに来られなかった方々もぜひ、この機会に足を運んでみてください。

イベントのテーマ

今回のイベントのテーマ、それは現在放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」好きな人が集まる、「まんぷくナイト」です。

「まんぷく」は、あの日清のカップラーメンの生みの親、安藤百福さんをモデルにつくられたドラマで、わたしたち二人も毎日楽しんで観ています。

もともと我々は朝ドラになじみがなかったのですが、今回の「まんぷく」はとっても観やすく、なにより登場人物のキャラクターたちがとっても魅力的なんです。すっかりハマってしまい、「せっかくだったらこのワクワクをたくさんの人で共有したい…!」と思ったことが始まりでした。

「まんぷくナイト」では何をするの?

普段のタバタバーの様子

基本的には、「まんぷく」の話を酒の肴に、楽しくみんなで飲もう!というものです(笑)。好きなキャラクターの話をするもよし、「あのシーンに腹が立った!」と共感しあうもよし、なんでもよし!何か特別なものを準備しなければいけない、ということはありませんのでご安心くださいね。

老若男女どなたでも参加OKです。「まんぷく」という一つのテーマをきっかけに、普段は話すことがなかった人たちとの出会い、会話を楽しんでいただけたら嬉しいなぁと思っています。

「まんぷくナイト」で本格的な「塩」を食べられる!?

提供:https://autabi.com/event/event-open/7424/

「まんぷく」の前半で、まだ主人公の萬平さんがラーメン作りを思いつくずっと前…。戦後、大阪の泉大津で「塩づくり」をしていたシーンがありました。

私たちも、今回のイベントでは何かドラマと関連する料理をご提供したい…と考えていたところ、静岡県沼津市井田地区で、昔ながらの製塩法「平釜焚き」を続けてこられている、「井田塩」をご提供いただけることになりました。

提供:https://autabi.com/event/event-open/7424/

井田地区は、世界一深い湾として知られる駿河湾に面し、富士山の眺めや柑橘畑の広がる素晴らしい場所。そんな環境の中作られた井田塩は、透明度の高い駿河湾の海水を利用したお塩。10時間以上も薪で煮詰めて作られます。

当日はこちらを、野菜スティックにつけていただけるよう、準備をしておりますのでお楽しみに!

〆はやっぱりカップラーメンで!

 

最後にはやっぱり、カップラーメンでしょう!ということで、人数分のカップラーメンを準備してお待ちしています。ぜひみんなで萬平さんがどんな思いでこのカップラーメンを作ったのか、思い出しながら味わいたいと思います!

それではみなさんにお会いできることを、心より楽しみにしています。お友達、ご家族、お誘いあわせの上お越しくださいませ~!

お申し込みはこちらから

開催概要

日時:2019年3月21日(木・祝) 17:00~19:00
 ※時間内であれば出入り自由です。
 ※20:00以降は通常営業となります。残りたい方はそのままいてくださってOKです。

参加費:2,000円(ドリンク1杯、料理2品、〆のカップラーメン付き)
※飲み足りない方、おなかがすいた方は、通常メニューのご注文もOKです!

場所:タバタバー
住所:東京都荒川区東尾久4-52-14
アクセス:JR山手線田端駅北口から徒歩9分

【タバタバー】2018年11月30日(金)田端の小さな小さな立ち飲み屋さんをオープンしました!

参加申し込み方法
・以下から必要情報を記入の上、お申込みください。会場の都合上最大で15名様までとさせていただきます。
・応募者多数の場合は先着順とさせていただき、お断りさせていただく可能性がございますので、ご了承ください。
・ご応募いただいた方には当選の可否にかかわらず、募集開始から1週間以内にご連絡をさせていただきます。

お申し込みはこちらから!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

三宅朝子

ひょんなことから田端に舞い込んできました。元Webマガジン編集長。田端は空が広くて、下町らしい文化が残っていてすっかり居心地の良い街になりました。タバタバーにもたまにいます。