寄席などのイベントも開催する荒川区の銭湯「梅の湯」栗田尚史さんにインタビュー

銭湯「梅の湯」

田端駅から徒歩15分、創業66年の銭湯「梅の湯」さん

3代目の栗田尚史さんを中心に家族経営をされています

2016年11月にリニューアルしたばかり!

銭湯だけでなく一回のコインランドリーや居酒屋も経営しています

以前から寄席のイベントも開いたりと、地元で人気の銭湯です

梅の湯のロゴ。かわいいです
WELCOME(ウェルカム)!ならぬUMELCOM(ウメルカム)!

男性は梅男、女性は梅女です

2016年9月リニューアルオープン

建物が古くなっていたので2016年9月全てリニューアルしました

清潔感のある銭湯で本当に快適です

内湯は高濃度水素風呂、薬湯、ジェットバスの3つと水風呂もあります

露天風呂は屋根が開いてて開放的!

サウナも無料で入れるのは嬉しいところ

女性の脱衣場には赤ちゃんベットもあったりとサービスが行き届いています

リニューアル前、天井に貼ってあった「かるた」や「体重計」などが残されています

銭湯を引き継ぎ3代目の栗田尚史さんにインタビュー

(カウンターで語る栗田さん)

 

櫻井
今日はよろしくおねがいします
栗田さん
よろしくお願いします

 

櫻井
まず梅の湯さんのロゴがめちゃめちゃかわいいと思ったんですけど、自分で作られているんですか?
栗田さん
かわいいですよねー
地元でたまたま知り合ったデザイナーさんに作ってもらいました

 

 

櫻井
Tシャツやタオルなどグッズもいっぱい作ったりしてますが、あれもデザイナーさんがやっているんですか?
栗田さん
Tシャツなどはデザインしてもらったロゴとかを使って自分で作っています
印刷業界で働いていたこともあったのでデータをいじったりすることは出来るんですよね

 

ロゴやTシャツなど創業66年とは思えない現在っぽい「梅の湯」さん

 

櫻井
銭湯って最近廃業にしてマンションする人が最近多いイメージなんですけど、リニューアルを決意した理由はありますか?
栗田さん
マンションにするって話ももちろんありました
でも周辺にはマンションがどんどん建っているので、わざわざここをマンションにしようとは思いませんでした
商店街ってのもあるし、銭湯をやっている方がおもしろいから銭湯を残すことを決めました

 

小台銀座(旧小台通り)にあります

「銭湯」×「インターネット」の活用

「梅の湯」の栗田さんはTwitterからFacebook、instagram、Neverまとめなどインターネットの様々なサービスを利用をしています

櫻井
銭湯でインターネットを活用している人って少ないと思うんですけど、どうしてこういった取り組みをしているんですか?
栗田さん
元々宣伝のために使っていたわけではないんですよね
自分がおもしろいって思ったサービスとかを使っているうちに「梅の湯」でも使えるんじゃないかって思ったので活用しています
何をやっても怒る人もいないので自由にやっています笑
栗田さん
Neverまとめなども初めて来るお客さんとかにオススメのお店とかないですかって聞かれることがあり、まとめがあれば簡単に紹介も出来るし便利だなーってことで始めました

梅の湯から歩いていけるお店のまとめ

 

銭湯とインターネットって一見相性がよくなさそうに思われますが

リアルで補完できないことをネットで、ネットで補完出来ないことをリアルで出来るわけなのです

インターネットを活用することによって幅広いお客さんが「梅の湯」さんには訪れます

FREE Wi-Fiも飛んでいます

 

櫻井
尾久の街づくりのためのwebサイト「オクノテ」などもやられていますが商店街で始めたことなんですか?
栗田さん
「オクノテ」は有志を募って始めました
商店街ですと反対されることもあるので自分たちで集まってやることにしました
櫻井
商店街ってスピード感がなかったり絶対に反対する人いますもんね
栗田さん
やろうと思ったことはすぐにでもやりたいんですよね

 

webサイト「オクノテ

 

櫻井
以前やってたお茶風呂のイベントなどは地元の店と一緒にやってるんですか?
栗田さん
組合で知り合った近くのお茶屋さんとやっています
売り物にはならないお茶を自分の家のお風呂に入れているという話を聞いて、うちでもやりたいと思ってやらせてもらいました

 

今まで開いてきたイベントの中で寄席のイベントもやったことがあります

「銭湯」×「寄席」なんて面白い取り組みですよね!

 

櫻井
次に何かやりたいと思っていることはありますか???
栗田さん
「展示」をやりたいなぁと思ってます
せっかく使える場所があるのでやりたいですね

イベントやインターネットなど

自分が面白いと思ったことはどんどん積極的にやっていく「梅の湯」さん

サービスも行き届いており清潔感もある素敵な銭湯なのでぜひとも訪れてみてはいかがでしょうか?

 

1階にはお母さんがやられている「梅京」という焼き鳥屋さんもあります

風呂上がりの焼き鳥ビールの組み合わせは最高!

働いている人

栗田尚史さん

銭湯「梅の湯」を引き継ぎ3代目。邦楽ロックが好きでフェスなどにもよく行く

webサイト「オクノテ」の管理人でもある

 

「梅の湯」場所詳細

 

 

 

 

 

店名:梅の湯

ホームページ:http://arakawa-sento.jp/%E6%A2%85%E3%81%AE%E6%B9%AF/

Twitterアカウント:https://twitter.com/1010_umenoyu

営業時間:15:00から25:00まで

定休日:月曜日

洗い場:20席

住所:〒116-0011 東京都荒川区西尾久4丁目13−2

電話番号:03-3893-1695

アクセス:JR田端駅より徒歩15分、都電荒川線小台駅より徒歩7分、JR尾久駅から徒歩10分

料金:大人(12歳以上)460円、中人(6歳以上12歳未満)180円、小人(6歳未満)80円

スポンサーリンク