【メディア情報】フリーペーパー「北区時間」にて田端エリアを紹介させて頂きました!

どうもさくさく(@pirorin39)です。

2011年の初めて発行されたフリーマガジンの「北区時間」。北区の魅力を広く発信しようとして作られたこの雑誌の第二弾として2018年6月に発行されました。普段『TABATIME』で情報発信をしているということもあり、『北区時間』の田端エリアも担当させて頂きました。本日6月12日(火)より商工会議所や王子にある北区観光協会にて順次無料配布するとのことなので、ぜひとも手をとってご覧ください!

『北区時間』とは?

「TOKYO 北区時間 2018~このまちの一歩奥へ~」は、平成29年1月に(一社)東京北区観光協会が設立され、北区全体として魅力を広く発信していく機運が醸成されたことを受け、同観光協会や北区等の協力のもと、約1年をかけて完成させた。平成23年に発刊した「TOKYO 北区時間2011」が区内外から好評を得て、続編希望の声も多かった中、第2弾として位置付けたもの。

写真やイラストをふんだんに使った本書は、ページをめくるだけでも楽しく、コンテンツも満載。区内のエリアガイドとしてはもちろん、新たな取り組みにチャレンジするお店、歴史や自然、グルメ情報、エンターテインメント、ものづくり、スポーツといったテーマごとに“人”にフォーカスしていることが特徴。北区出身のアーティストや東京2020大会を目指す北区育ちの選手なども取り上げながら、区内の様々な魅力を紹介する内容となっている。また、情報誌では取り上げられることの少ない、「銭湯」や「坂」、「鉄道」スポットなど、街の一歩奥へ踏み込んだ特集も盛り込み、年代を問わず、幅広い層に興味を惹く誌面として仕上がった。

A4版・全130頁・フルカラー。22,000部を発行。希望者には、6月12日(火曜日)以降、東京商工会議所北支部や東京北区観光協会にて無料配布するほか、順次、区内各図書館や区政資料室、区内金融機関、病院等で閲覧できる。

東京商工会議所北支部の越野充博会長は『前回から7年間を経て、魅力が激増したことを肌で感じています。これまで北区にご縁のなかった方はもとより、北区在住・在勤の方にとっても「北区を知る」「北区で楽しいひと時を過ごしていただく」「北区にずっと住みたくなる」ための案内書となれば、これに勝る幸せはありません』。としている。

(引用:北区プレスリリースより)

6月12日(火)本日より無料配布する『北区時間』。

これフリーペーパーとは思えないクオリティなんですよね。家に届いたんですけど本当にビックリ・・・「無料でもらっていいんですか?」って気持ちになって申し訳ない気分になりそうなくらいしっかりした雑誌です。

前回出したのは2011年と7年も前のことだったんですけど、確実にパワーアップしています!!ページ数を比べるだけでもわかりますが、前回の2011年の時は82ページだったのに対し、今回は130ページ!!!しかも全部カラー!!!贅沢〜!!!北区のお偉い方々本当にありがとうございます〜!北区の魅力が伝わること間違いないはずです!

▲左が2011年の『北区時間』、右が2018年の『北区時間』

部数は22,000部。もしかしたら早くなくなってしまう可能性もあるのでお早めにぜひとも手に入れてくださいね。

ところで『タバタイム(田端時間)』と『北区時間』・・・なんだか似てますよね。決して癒着関係にはあるわけではありません。しかーし!!!今回この『北区時間』の中にある田端エリアの紹介を私がさせて頂きましたーーーーーーーー!!!わーいわーい!

こういう雑誌に執筆するのが初めてだったのですが個人的にすごいうれしくです。文章力もまだまだなのですが、これからも田端の魅力をしっかり発信し続けていきたいと思います。普段読んでいただいているみなさんや一緒に書いてくれてるライターさんにも感謝です。ありがとうございます!

▲裏表紙に自分の名前「櫻井寛己」が入っていたのも地味に嬉しかったです。

田端にはどんな魅力的なお店があるのか?

僕が担当させていただいたのは田端エリアの注目スポットと厳選した飲食店7店。情報誌などでもまだまだ知られていない田端のお店を紹介しています。

CHINEMA Chupuki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

まず注目スポットとして紹介させていただいたのは映画館の『CHINEMA Chupuki TABATA』さん。最近では「文化庁メディア芸術祭」のサテライト会場に選ばれた日本一小さな日本一優しい映画館。

チュプキさんの記事はこちらからご覧ください。
田端にも映画館があった!「Chinema Chupki Tabata(シネマチュプキタバタ)」に行ってきました

続いて僕がおすすめする田端の飲食店を紹介しました。

ワイン厨房tamaya 田端店

ソムリエが選ぶ最高のワインと絶品イタリア料理!タマヤさん!

タマヤさんの記事はこちらからご覧ください。
【ワイン厨房tamaya】田端でワインを片手にイタリアンなんて出来るんですね

CROOTS(クルーツ)

ウイスキーと大人の遊びを堪能あれ!クルーツさん!

クルーツさんの記事はこちらからご覧ください。
田端にあるオシャレなカウンターバー「CROOTS」で一杯いかが?

清史郎(きよしろう)

モダンな雰囲気で味わう本格炭火焼き鳥!清志郎さん!

清志郎さんの記事はこちらからご覧ください。
→(まだ記事がありません。)

FILL’S(フィルズ)

サンドイッチで心とおなかを満たしてくれる!フィルズさん!

フィルズさんの記事はこちらからご覧ください。
朝食やランチにオススメ!田端のサンドイッチ屋さん「FILL’S」

Ce・Param(セパラン)

上質な焼肉に胃袋がスタンディングオーベーション!セパランさん!

セパランさんの記事はこちらからご覧ください。
【焼肉屋セパラン】田端でお祝いするならセパランで上質な肉を喰らえ!

ポム タイ料理

まるでタイへ旅行気分!本格南タイ料理!ポムタイさん!

ポムタイさんの記事はこちらからご覧ください。
【ポムタイ料理】元タイ大使館料理人が作る本場南タイ家庭料理を味わってコプンカ〜

たつや

新鮮な「もつ」のおいしさに一口目からファンになる!たつやさん!

チュプキさんの記事はこちらからご覧ください。
【もつ焼き たつや】一口目からファンになること間違いなし!絶品炙りレバーに驚きを隠せない

 

田端では映画館のチュプキさんと飲食店7店を紹介させて頂きました。他にも赤羽エリアや王子エリアが掲載されていたり、ラーメン特集や中華特集があったり、人に注目してインタビューした記事など北区の魅力がたくさん詰まったフリーペーパーになっています。

王子の北とぴあにある「東京商工会支所北支部」「北区観光協会」にてまずは配布を開始、他の場所の公共施設でも配布予定とのことだったのでぜひとも手にとって家に帰ってじっくり見て北区を楽しんでください!!!

スポンサーリンク