【WISHLESS】えっ!?これって絵なの?濱口健「カスバでメシ喰うな!」個展開催中!

「まぁ!かわいいパグちゃん。何コレ合成写真かしら?」

いえいえ、こちらは写真ではなく「絵」なんです。

パグもドアーズの文字もぜ〜んぶ「手描き」なんです。

え!?と耳を疑いたくなる気持ち、わかります。

だって信じられないくらいリアル!

細かい線や数字、ロゴに値段表記まで、人の手で描かれています。

濱口健『カスバで飯喰うな!』開催中

現在WISH LESS galleryでは、写実画家・濱口健のペインティング作品を展示しております。

これも、

これも、

どれも写真のコラージュのようですが、全て濱口氏が描いたものです。

とにかく画力がすば抜けている!

画面上ではうまく伝わりませんが、実際に目の前でこれらの作品をご覧いただいた方は、濱口の圧倒的なスキルに感動し、皆さんため息をついているのが見受けられます。

また、海外からの反響も凄く、早くも嫁ぎ先の決まった作品も続々と増えています。

濱口健は多摩美術大学・日本画卒業後、イラストレーションを中心に活動し、国内外で個展を多く開催してきました。濱口の作品の特徴は、アンダーグラウンドな音楽バンドや東映やくざ映画、ポルノ、スケバン映画に登場するセクシー女優など、あまり一般的にアートの題材として選ばないような、コアなヒトやモノを起用し、独自にリミックスさせ、なんか見た事あるけどどこか変…といった、妙な既視感を与えるところだと思います。

本展のタイトルである「カスバでメシ喰うな!」は、日本のオルタナティヴ/パンク史の重要バンドであるINUの曲「メシ喰うな!」のレコジャケを元に、INUではなくNEKOを描いています。

▲左が濱口健の「NEKO」、右が元ネタの「INU」

 

また、こちらは緑川アコを筆頭に何人もの歌手がこぞって歌った昭和の名曲「カスバの女」バージョンです。

▲左が濱口健の「カスバの女」で、右が元ネタの「カスバの女」

 

なんで犬やネコなんだろう?とお思いでしょうが、そこは深く考えないでください。濱口はこれまでも「意味があるのかないのか、よく分からないもの」を追究し、シリーズとして描いてきました。

意味なんていらないんです。ただ描きたい。その衝動に素直に従った結果がこれらの大作を生んだのです。

 

濱口健へ10個の質問

さて、ここで濱口健に10個の質問をぶつけてみました。

1、絵を描き始めたのはいつごろ?

幼少時からよく描いてました。ウルトラマンとかロボットとか。▲ポスカを使ったポップなドローイング画も好評。

2、幼少期はどんな子供だったの?

まだ自分の記憶のない頃は、とにかく落ち着きのない子だったと親からは聞きますが、それからはごく普通だと思います。

  • 濱口は元々活発で左利きでしたが、右利きに矯正させられた事で寡黙になったそうです。おもしろ〜。

▲WiFiが繋がりそうなウィッキーさん画

3、誰に/何に影響された?

影響受けた人物ベスト3をあげると、勝新太郎、鈴木則文(映画監督)、三上寛(歌手)。

4、作品にやくざ映画とかポルノ映画が多く登場するけど、どんなところが魅力なの?

猥雑なものや下品なものに取り組んでいる人達に対する憧れみたいなものが元々あるから…でしょうか?

▲高倉健とネコのありえない組み合わせ!

▲東映チャンネルでやくざ映画などを鑑賞。

5、音楽も好きですよね。特にどういう音楽を好んで聞く?

元々、パンク、ハードコア、デスメタル等のアンダーグラウンドの騒々しいものを10代の頃から好んで聴いていて、その他、ダンスミュージック等のポップなものやエレクトリックなもの、昭和時代の歌謡曲など。

▲本展のイチ押し、名盤レコジャケ群。

6、バンドやロゴと動物の組合わせが絶妙だけど、一体どうやってチョイスするの?

その動物のもつ雰囲気や表情に、ハマってそうでハマりきれてないような…ビミョーなズレみたいなものが見えると面白いんじゃないかと。

▲タイトルと子犬の表情のギャップが最高!

7、そこにブラックユーモアや秘めたメッセージなどはあるの?

それは、あったり、なかったり。あっても極一部の人にしか解らないものだったり。

▲イエティと武田久美子と柴犬とヒヨコというカオスな状況。

8、今後描いてみたい!と思う人物や動物はいる?

特にこれというのは…そのうち出てくるでしょう。

9、今回、10年来の友人であるロブキドニーと共作してますが、コラボしてみてどうだった?

人が見てどう思うかはわかりませんが、なかなかないヘンなものが出来たし、うまくいったと思ってます。

(注)ロブ・キドニーとの共作はかなり刺激的な作風のため、詳細は掲載出来ません。ぜひギャラリーにてご覧ください。

10、展示を見どころを教えてください。

少々マニアックかもしれませんが、決して難しい表現をやっているつもりはないので、楽しんで観ていただければ。

天才は絵で語る。

※この記事は「WISHLESS」永井さんより執筆いただきました

本当に信じられないくらいリアルな絵が書かれている濱口さんの個展「カスバでメシ喰うな!」

アートや絵に興味のない方でも本当に楽しめる素晴らしい作品がたくさんあるのでぜひとも期間中に訪れてみてください

濱口健個展「カスバでメシ喰うな!」情報詳細

濱口健 個展「カスバでメシ喰うな!」

会 期:2017年8月19日(土)まで  最終日18時終了

時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月〜水 休廊

会 場:WISH LESS gallery

住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10

電 話 : 03-5809-0696

メール:info@wish-less.com

 

Ken Hamaguchi solo exhibition

Period : Until Saturday August 19th 2017

※ We will close at 6pm on the last day.

Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00

Closed : Mon-Wed

Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014

Tel : +81-3-5809-0696

Email : info@wish-less.com

  • WISH LESS については過去の記事(リンク)をご覧ください。

「WISH LESS gallery」田端にこんな素敵なギャラリーがあるなんて知りませんでした

スポンサーリンク