【WISH LESS gallary】441yonyonichi の新テキスタイル展「DIG A HOLE」開催中!

こんにちは!

田端駅から徒歩5分ほどにある「WISH LESS gallery」 のオーナー、永井です。

現在、弊廊では、テキスタイルブランド 441 yon yon ichi(ヨンヨンイチ)の新作展「DIG A HOLE」を6/4(日)まで開催しております。テキスタイルとは布の事で、ヨンヨンイチはシルクスクリーンの技法を用い、自主制作でオリジナルの布を作っています。

ここ数年、新作はWISH LESSにて発表しており、今回も新たなデザインを2年振りに披露しています。

  • WISH LESS については過去の記事(リンク)をご覧ください。

「WISH LESS gallery」田端にこんな素敵なギャラリーがあるなんて知りませんでした

ギャラリーに入ってすぐ目につくのがこの鮮やかな布!

これらはすべてヨンヨンイチがデザインしたオリジナルの布です。

本展では、“●●●●●●.” “▲▲▲▲▲.” “■■■■■■.”というタイトルを伏字にした、抽象的なテーマをもとにデザインされています。

▲441(ヨンヨンイチ)こと吉井さん

タイトルは布の端に表示されています。耳ネーム(ロゴ)など細かい部分にもこだわるのがポイントです。

とっても奇抜な配色!

他のテキスタイルでは見られない鮮やかな色使いが特徴です。

“●●●●●●.”というタイトルのこちらの柄は、フリーハンドのラインがダイナミック!鉛筆や筆、歯ブラシまで使い、太さの異なる線を重ねることによって、個性豊かな柄が仕上がりました。

大きい柄はバッグ等のグッズ類に落とし込んだ時に、切り取った場所によって表情が変わるのが大変面白いです。

また、色違いが2色あります!

A4用紙がすっぽり入るトートバッグが人気です。

続いて“▲▲▲▲▲.”の柄。▲とは「家」であり、果てしなく続く階層をイメージしています。

幾何学模様ですが、どことなく風景の様にも見えるかもしれません。

そして“■■■■■■.”はシンボルがテーマ。落ち着いた色合いと80年代っぽいレトロな感覚が新鮮です。

テキスタイル生地を使ったグッズも豊富!

ジャケット、トートバッグ、コースター、ブックカバー、ポーチなどヨンヨンイチのテキスタイル生地を使ったグッズ類も豊富に取り揃えています。

また、Tシャツや缶バッジも本展のために限定で作りました。

永井
ヨンヨンイチの布は、捺染工場にてシルクスクリーンで刷られています。職人さんが25mの生地の上ですばやく手刷りしていく光景は圧巻です!

 

そんなヨンヨンイチに、テキスタイルの事や活動について10個の質問をしてみました。

なんでテキスタイルに興味を持ったの?

うっかり入った大学の染織科でシルクスクリーンならできそうだと思ってから、すこし興味をもちました。

テキスタイルの魅力は?

色と柄です。

今回の展示の見どころを教えて。

木馬を作りました、みなさんご自由にまたがってください。

あと布も良いですよ。

DIG A HOLEってどういう意味?

そのまま穴掘りという意味です。むかし1㎥手で掘ったことがあります。

アイディアはどこから生まれるの?

空いている京浜東北線に乗っていると考えがまとまる事が多いです。

木工も得意ですよね?

日曜大工程度ですが、テキスタイルよりは得意です。代表作は大きな将棋の駒です。

WISH LESSでも用務員として、たまに働かせてもらっています。

作品を制作する上で、楽しい事やつらい事はある?

いつも寝すぎて、制作の時間がなくなることがつらいです。

 

今後、挑戦したい事は?

挑戦ではないですがいつも次の柄のことを考えています。

田端の印象は?

80年代のイーストビレッジみたいな危うさがあると思います。

読者に伝えたい事などあったらぜひ。

WISHLESSに布を見にいらしてください。

屋台のような楽しい展示になっていると思います。

あと布は切売りもしています!お気軽にお声かけ下さい。

441ヨンヨンイチプロフィール詳細

441 yon yon ichi / ヨンヨンイチ

吉井隆祐/Ryusuke Yoshii による自主制作のテキスタイルブランド。多摩美術大学で染織を学び卒業後、東京都羽村市の捺染工場に勤務。退社後、手捺染によるテキスタイルプリントの自主制作の活動を始める。プリントからハンドメイドで作ったバッグや小物類などの作品も多く発表している。

アーティストウェブサイト:http://yonyonichi.com

ヨンヨンイチ 個展「ディグ ア ホール」情報詳細

ヨンヨンイチ 個展「ディグ ア ホール」

会 期:2017年6月4日(日)まで   最終日18時終了

時 間:木金 16:00-21:00/土日 12:00-19:00/月〜水 休廊

会 場:WISH LESS gallery

住 所 : 〒114-0014 東京都北区田端5-12-10

電 話 : 03-5809-0696

メール:info@wish-less.com

 

 

441 yon yon ichi solo exhibition ‘DIG A HOLE’

Period : Saturday May 13th – Sunday June 4th 2017

  • We will close at 6pm on the last day.

Opening hours : Thu+Fri 16:00-21:00/Sat+Sun 12:00-19:00

Closed : Mon-Wed

Address : WISH LESS gallery 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014

Tel : +81-3-5809-0696

Email : info@wish-less.com

 

  • WISH LESS については過去の記事(リンク)をご覧ください。

「WISH LESS gallery」田端にこんな素敵なギャラリーがあるなんて知りませんでした

スポンサーリンク